校長挨拶

 本校は、大正13年(1924年)に地域の多くの方々の女子中等教育に対する強い熱意によって綿打実科女学校として創設されました。以来、長い歴史と変遷を経ながら発展し続け、平成8年には群馬県ではじめての総合学科高校となり、校名も新田暁高等学校として生まれ変わりました。

 

 新田暁高等学校は、文理総合(文系、理系)、生活文化、情報ビジネス、社会福祉、食文化、機械・電子技術の6つの系列と100余りの科目を設けており、生徒一人ひとりが、自己の適性や将来の生き方、進路希望などによって、系列と科目を選択できるようになっています。本校にはこのように生徒の夢と希望に広く応えられるような教育システムが構築されており、生徒一人ひとりの進路実現に向けて3年間のカリキュラムが組まれています。

 

 また、校訓「正しく、強く、和やかに」を合言葉に、

〇多様な普通科目・専門科目を設け、生徒の主体的な科目履修により、自律的学習態度を育成するとともに、将来の進路を決定できるよう指導する。

〇基礎的・基本的な知識・技術の習得を通して、生涯にわたって社会の進展に意欲的に対応し得る心豊かな人間を育成する。

という2点を教育目標に掲げ、卒業後に社会のレギュラーメンバーとして活躍できる生徒を育てるために、全職員が一丸となって取り組んでいます。

 

 この新田暁高等学校で個性を伸ばして、それぞれの夢を実現しましょう。

小瀧校長

 

 

 

 

 

 

校  長    小  瀧  和  人